IT業界での成功はフリーランスで!

Javaで掴みとれるチャンスを紹介

IT業界の仕事について

IT企業はブラックであると思われています。
確かに、残業時間なんかをみてもそう受け取られても仕方がないかもしれません。しかし、?忙期を迎えたあらゆる業界も残業が伴うことは免れず、一概にIT業界だけがブラックなのかというと、そうとは言い切れません。実際の所IT業界全体で括って良いものなのかは疑問が残ります。_

IT企業の多くがシステムに関わるのですが、このシステムに関わると一言で言ってもその内容は様々です。
システムを作るにあたってクライアントの要望を聞き、必要となる条件、仕様について定義する要件定義に始まり、実際にどのようなものを作るか話し合い、設計図を作るのが次の手順です。
さらに、その仕様書や設計図通りにプログラミングを行います。これが一般的に言われるプログラマーの仕事であり、多層化されていることがほとんどです。
この辺から先を業界では下流と言いますが、忙しい、ブラックとされるのはこの辺りです。

さらに先に進むと作られたプログラムが単体で動くのか、そして組み合わせて動くのかといったテストが綿密に行われ、晴れてシステムが完成します。
企業がどの辺に関わっているかは企業ごとに違い、極端な話テストばかり行っている企業ももちろんあります。
IT業界に未経験で勤めようと思っている方や転職を考えている方が注意しなければならないのは、その企業が何次請けがメインなのかによって働けるフィールドがガラッと変わるということです。
「どこでも良い」では後で後悔すること請け合いなので、労働環境と併せてよく確認しておきましょう。

もしくは、独立かフリーランスとして働くことです。
IT業界のフリーランスとして働くには、トレンドを把握しておく必要があり、時代の流れに沿った内容でなければなりません。
現在はAndroidの普及が著しいので、アプリ開発に有力なJavaの案件が多く存在しているようです。
Javaがアツイ!ITフリーランス募集の現状】にその詳細が書かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です