IT業界での成功はフリーランスで!

Javaで掴みとれるチャンスを紹介

グラフィックデザイナーとIT

今人気のIT業界。最近はやや停滞気味のようですが、それでもIT企業で働きたいという人は数多く居ます。
IT企業に自分を売り込むにあたってどのような資格を持っていれば有利になるのでしょうか。

IT業界と言っても、その実態はそこまでシンプルなものではありません。中には多くの仕事、資格が存在します。例えばWEBデザインインストラクターや、グラフィックデザインインストラクター、CADインストラクターといったもので、探せばまだ他にも大量に見つかると思います。
グラフィックデザイナーというと、何やらITに限らない仕事のような気もしますがその疑問は最もで、業務内容としては特にパソコンの特別な技術がどうこうというものではありません(もちろんIT業界で仕事をするならパソコンがある程度使える必要はあります)。チラシ、ポスター、雑誌、書籍などのあらゆる印刷物は、まずデザインから始まるのですが、そのデザイン制作作業を手掛けるのがグラフィックデザイナーです。昔であればイラスト作成は手書きで行われるのが普通だったのでしょうが、このご時勢ですから、結果的にパソコンの技術が必要になり、IT業界に組み込まれた、ある意味で不幸な仕事と言えなくもありません。

この仕事を行うにあたって有ると有利な資格としては文科省が行っている色彩検定などが挙げられます。これも直接ITと関わる資格ではないので、IT業界におけるグラフィックデザイナーが少々特殊であることが分かるでしょう。

しかしながら、冒頭では停滞気味と言っていたものの、最近では企業に属するのではなく、フリーランスとして活躍する方が増えている気がします。フリーランスと聞くと難しそうに聞こえますが、実はそうでもなさそうです。
場所や時間は自分で選べますし、在宅で活動される方も多いようです。仕事の獲得は、現在ではマッチングサービスという便利なシステムがありますので、少々費用はかかりますが、このシステムを利用すれば営業に行かずに簡単に仕事を見つけることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です