IT業界での成功はフリーランスで!

Javaで掴みとれるチャンスを紹介

ステルスマーケティングについて

自宅でなんでもできる時代になりました。
通販のような商売形態は以前より存在しましたが、最近は電話による注文のみならず、某アメリカ通販サイトや大手ショッピングサイトを利用すればの電話回線の混雑とはほぼ無縁の状態で(もちろんネット回線が混雑する危険もあるにはありますが)インターネット注文で時間も場所も選ばず欲しい商品を購入できます。
その商品選びすら、ウェブでカタログをチェックできますし、評判も分かります。ITの進化に感謝といった所かもしれませんが、必ずしもITに頼り切りという訳にもいかないのが現状です。

_「ステマ」、つまりステルスマーケティングなんていう言葉がはやり出してから随分経ちました。そのブームも終わりつつありますが(結構な人数のネット利用者が「義憤」に満ちた怒りを表明していたのに、さっさとその熱が冷めてしまったというのはなんとも日本人的です)、あの騒ぎは「ネット情報を鵜呑みにするな」という教訓となったと言えるでしょう。

ネットに真実がある、と既存メディアを信用せず新メディアたるインターネットを盲信する人たちが居ますが、よくよく彼等は何を信用していたのでしょうか。というよりも、何をもってそのメディアの信用の可否を決めていたのでしょう。
_インターネットは個人でも情報発信が容易なツールではあります。しかし、これは個人「でも」というだけであって個人「だけ」のものではありません。当然、企業だって広告等で関わりますし、場合によってはそれとなく宣伝活動を行う可能性だってあるのです。

自宅でできるのは仕事だって同じです。近年ではフリーランスとして活躍する人が増えてきた為、会社に出勤することなく、自宅で好きな時間に仕事ができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です